A様邸(2013年9月施工)

スタートホーム実績A様邸(2013年9月施工)

【子育て世代3人家族が暮らす等身大の理想の家】
 自衛官のご主人。保育園の先生をされている奥様、4歳の男の子の3人家族の家です。奥様のご希望で、17畳と広めのリビングがあります。幼稚園の先生らしくお子さんと走り回ったり、かくれんぼしたり出来ます。また、キッチンに立ちながらリビングのお子様の様子を見たり家族と会話したりできます。家族で仲良く暮らせる工夫がたくさんあります。
 また、モノがあふれてゴチャゴチャした生活はイヤですよね。各室に1か所以上の収納があり、しっかり収納できてスッキリした生活ができそうです。他にも見どころたくさんあります。

【結婚式の約束】
結婚して幸せな家庭を築きたい。みなさん思いますよね。A様もいろいろと夢をふくらませていて、奥様が結婚式でいくつか発表したそうです。その中のひとつに「一戸建ての家に住みたい」とありました。具体的にいつかはわからないけれど、家族が仲良く幸せに暮らせる自分達の夢の家に住みたい。大きな夢をもって結婚生活がスタートしたのでした。

【大きすぎる家ばかりでガッカリ】
 お子さんが3才になり、あまり手がかからなくなってきた頃、そろそろ家をとあちこちの見学会へ行かれたそうです。ただ、行ってみると2世帯住宅だったり、楽に45坪オーバーの大きな家だったりと、「自慢の豪邸」ばかりで、大きすぎて間取りや雰囲気が参考にならなかったそうです。「これは自分達が求める家ではない。本当に実現できる範囲の、自分達の家族にあった広さや設備や仕様の家が見たい。」ずっと思っていたそうです。

スタートホーム実績【建てるなら工務店】
 奥様のお友達からアドバイスされたそうです。「建てるなら工務店がいいよ。電話すればすぐに来てくれる。」逆に大手ハウスメーカーさんだと、担当がコロコロかわる。家は建てて終わりではなくて、長いお付き合いできるところで建ててもらいたい。そう考えていたようです。何かあったらすぐ行けるように。大切なことです。星野も実感しています。「よい家をしっかり造って長く住みつづける。」そのことを国でも考えていて、制度があります。

【今、建てられるんだ】
 資金計画している時にご主人が気づいたそうです。「このお金なら、今でも家が建てられる。実現できる。」結婚式で約束はあったものの、“家はまだ先だろう”となんとなく考えていたそうです。それに、いったい何にいくらかかるのか?とても不安でした。途中でお金が足りなくなったらどうしよう。
 奥様からお聞きすると、はじめの頃ご主人に、「資金計画セミナーあるから一緒に行こう」と誘っても、「行きたくない」と言って何回も断っていたそうです。そう言っていたご主人が今では「星野さんからあの時に、お金のことを聞けてよかった。」「絶対におススメ。家づくりで成功のカギは資金計画」と言っています。

【等身大の理想の家】
そんなA様が建てた家です。シックハウスなど、健康のことも当然考えてあります。基本的な構造、健康、寒さ対策などいろいろな家の基本はハズしていません。さらにA様らしくA様ご家族が幸せに暮らせるように要望を含めて建てた家です。幸せな3人家族が暮らす等身大の家ができました。A様からは、ご家族にぴったりあった家ができたと喜ばれています。

【施主様の喜びの声】
A様のお喜びの声私たちの細かい要望を最後の最後まで聞いて頂き、ありがとうございました。スタートホームさんに出会えて私たちの夢、そして子供が伸び伸び育つ家を造ってくださり感謝しています。

施工事例一覧に戻る

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント