本物の木の良さ 6ポイント

新潟県はとても湿度が高い県です。
そんな湿度の高い土地には、木をふんだんに使った木造の家が一番!!

 高田測候所では下の表でも分かるとおり、とても湿度の高い土地で
年間平均湿度75%というデータがでています。快適だと感じる湿度は
40%~70%といわれていますのでとてもムシムシした土地柄です。
特に秋から春にかけて(10月から3月まで)は他県よりも群を抜いて
湿度が高いですよね。
 そんな湿度の高い土地には、木をふんだんに使った木造の家が一番
適しているのです。なぜならば、湿度が高くなったら木は湿気を吸い、
空気が乾いてきたら木は湿気を放出します。

 このように木は住宅になっても、湿度の調整をし、呼吸をしてくれ、
私達の体を家を守ってくれているのです。湿気はそのままほっとくと
カビになり、アレルギーの原因になるといわれています。


 「木は伐採しても生き続ける」
変なこと言うなあと思われるでしょう。
私も初めてこの話を聞いたときは「なんだそれ??」と思いました。
でも、あるお客様から実際にマツヤニがでている箇所を見せて
いただき、お聞きした話でホントだったんだと納得しました。

 お客様の話によると、「家を造ってから何年も経つのに松の木から
マツヤニがまだでているんですよ」というのです。どうですか?
木は伐採してからも生きていることを信じていただけましたか?
そして、湿気が高い土地には木をふんだんに使った木造の家が一番
適しているということも・・・。

 人はある年齢になると屋外の緑とか自然のものにシフトするそうです。
それまでは気にしなかったのに、突然その時がくるそうです。
木も自然のもの。生活の一番身近の存在なのだと思います。

ほかにもある6つのメリットあげてみました。

 1.安心して暮らせる
 2.健康に暮らせる
 3.丈夫で長持ちする
 4.自然素材のムクの木材は、シックハウスの原因のひとつといわれている
     有機化合物を発生しないので安全
 5.木の暖かさ・木の感触をいつも感じられる
 6.木と自然の恵みを感じられる

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント