木の強さ

【1.木造住宅は火災に弱くない 】


 万が一、つまり火災の時のお話です。

火事になったら住宅は燃えてしまいます。
でも鉄やコンクリートの家に比べて木造住宅は安全なのです。
なぜなら、家は大きな断面の木材(柱、ハリ)が多く使われて
います。火事になると、木材の表面が燃えても中心まで燃えるには
時間がかかります。

30分の火災で表面から18ミリ程度燃え、条件が悪くても
24ミリ程度(上越周辺地域の柱は120ミリ×120ミリが多く
使われている)の燃焼ですむという実験結果があります。

また、木の中心部に進むにつれ燃焼に必要な酸素がいきわたらずに
燃焼速度が遅くなります。そして木の中心部は無傷なのです。
建物が崩壊するまでに時間がかかります。

でも、鉄は熱で温度があがると急激に強度がおち建物が崩れ
やすくなります。消防隊員もその事を知っていて、鉄骨の建物が
火災になると決して建物の中へは入らないそうです。

また、最近の火災では、煙にまかれて死亡する人が多いそうです。
木も不完全燃焼して煙をだしますが、部屋の中には有害な煙を出す
石油製品(プラスチック製品など)が多くあり、その石油製品から
でる煙の有害さのほうが木の煙よりも危険性が高いといわれています。


【2.木は軽くて強い】

 1cm×1cmの同じ太さのスギの棒と鉄の棒を比較した場合、
綱引きのように引っ張った時の強さは鉄の方がスギの5.5倍の
強さがあります。なんとなくわかりますよね。

逆に重さ当たりに換算したらどうでしょう。
結果はスギの方が鉄筋コンクリートより4倍強くなります。
ウソのような本当の話です。

スギと鉄筋コンクリートで同じ強度の建物を建てた場合、
スギの方が軽い建物になるということです。
軽いとどんなメリットがあるのでしょうか?

 ①基礎工事が簡単にでき、工事費用が少ない 
 ②運搬や工事をするための労力が少ないので地球や
  職人さんにやさしく、工事費用が少ない
 ③地震のとき、重い建物ほど大きなエネルギーがかかり
  崩れやすいので軽い建物が有利で安心
  
  ※参考資料・・・棟梁も学ぶ木材のはなし 上村 武著

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント