木が人の心に与える4つのメリット

 木が人の心に与える4つのメリットとしてどのようなことがあるのでしょうか?

【1.自然の木目(もくめ)は心を落ちつかせてくれる】

 木は自然の素材だから、木目は微妙に間隔や色合いが違い、結して同じ木目
はありません。逆に、人工的に作ったシマ模様で間隔も太さも色合いも同じにする
と、人間は落ちつけないという実験結果があります。木の木目はその不規則さ
が心を休ませ落着かせてくれるのではないでしょうか?

dai204.jpg

 また、木目を見ていると暖かく、どこか懐かしい感じを受けたことがありませんか?
この暖かさ、懐かしさも心を落着かせてくれるひとつの要素ではないでしょうか。

【2.木の香り(森林浴)】

 森に入ると何とも言えないすがすがしい気分になり、心がとてもなごむ
体験をされたことはありませんか?

このように森の中で森林浴をしたような感じにさせてくれるのは木から
揮発成分が放出されているからです。
その揮発成分はフィトンチッドと呼ばれていて、細胞を殺すという意味です。
森の中の空気はかなりの殺菌力があるそうなのでフィトンチッドで空気を
きれいにしているというところでしょうか。

topsinrin.jpg

 このフィトンチッドには、ゴキブリを追い払い、ダニを殺す、カビを防ぐという
効果もあるといわれているので、家の中の芳香剤などにも森林浴の香が
良く使われ、部屋の空気をきれいにし、すがすがしい気分になれるのですね。

 住宅に木を使っていれば、ゴキブリを追い払い、ダニを殺す、カビを防ぐ効果も 
得られ、いつもきれいな空気を無意識のうちに吸い、快適な生活できるという
ことになりますね。

gaikai.jpg

【3.室内の音環境】

 木はバイオリンのような楽器に使われる音を反響する素材で、音を発することも
吸収することもできます。木の家では室内の音を程よく吸収したり反射したりして、
音を和らげてくれる作用があります。
鉄筋コンクリートづくりではマネできない効果です。鉄筋コンクリートだと声が反響して
耳ざわりなこともあり、子供の声、物音などを不快に感じるなどということもあるようです。

 そして、親がいつも子供の大きな声や物音に気を使い、結果的に子供をのびのび
育てることが難しい環境かもしれません。

 木の家は、体にもやさしく音も程よく吸収してくれるので、このような気遣をせず
に子供をのびのびと育てられるのではないでしょうか?

naiyomai.jpg


【4.学校ではこんなメリットも・・・ 】


 学校では木造、又は木造でなくても木の内装を施してあると温度や湿度環境が
よくなったりケガをする割合が減るだけでなく、先生や生徒も疲れにくい、校内
暴力が起こりにくいと言われています。また、生徒が集中して授業をうけられる
という傾向も見られるそうです。

 これは木という傷みやすい材料と付合うことで、自然に人や物に軟らかく対応する
習慣を身につけて行くからであり、心の問題のようです。
 
 木は良く使われる柱のほか、部屋の内装の材料として使えば、体の疲れ、心の
疲れの両方を癒してくれるのですから、子供部屋、寝室に効果的に使いたいも
のです。


kiho1.jpg

娘の通っていた幼稚園のホールです。
総合遊具とも新潟県内産のスギを使って造られています。

kiho2.jpg

運動量の多い子供たちがケガをしないようにという配慮のもと造られたそうです。
床は足元が冷えないように、足腰に負担が少ないようにと配慮されているそうです。


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント