2019年02月28日

パッシブハウスに感激  2019.02.28

星野です。

パッシブハウス、見学してきました。

場所は長野県中野市。上越から高速道路を使って1時間くらい。比較的近い場所です。
長野県は日本でも有名なエコハウスの先進県。寒さが厳しいだけあって高断熱でエコな家づくりに取り組んでいます。

その中でお邪魔したのはある工務店さんのモデルハウスである社長のご自宅です。
会社名にデザイン事務所というだけあって、デザインすごかったです。
10名以上のグループで見学させて頂きましたが、みなさん「いいなあ~!!」を連発していました。プロが誉めるプロの家です。
社長さんから説明していただきましたが、とても魅力的な人でした。

190228-1.JPG
 ↑ 外観 屋根にはソーラーのってます。

2月の長野県です。少雪の今年は特に雪はほとんどありませんが、寒くない訳ありません。見学前に外で集合をまっている間もガタガタ震えていました 「さむい~~ハンパない」

190228-2.JPG
 ↑ 南側にある明るいリビング

正面のテレビモニターには
「設定温度 冬20℃ 夏27℃」の文字が。
屋外はどんなに寒くても、室内はほかほかのにする設計です。
星野の感覚でいくと、かなり暖房を強烈にしないとならない温度です。
それを少ない電気料で実現しているのだからすごい実力です。驚きました。

190228-3.JPG
 ↑ リビングの吹き抜け  広い解放感がたまらない

熱は上昇します。だから大きな吹き抜けがあると天井付近に熱が溜り、床はヒンヤリしているものです。でも、こちらのお宅は1階と2階の温度差が1℃程度。ほぼ温度差感じられませんでした。1階の床も床下暖房してあって足元ホカホカです。足の裏が喜んでいるようでした。冬も靴下なしで暮らしているそうです。 驚き~~。

1年間の電気代が約19万円。床面積60坪に家族3人とフレンチブル1匹で暮らしているそうです。電気代、月の平均が15,000円くらい。安くないですか? 

デザインもいい! 足下ほかほかの快適いつも春の家! それで電気代が安い。
かなり良いもの使っているので建設費は高いですが何十年と住むこと考えるとこっちがよい?!
百聞は一見にしかずと言いますが、よいものを体験できて感激してきました。